実績・事例

    【洗浄実績】他社で「分解不可能」と言われたエアコン

    【更新日】 2021/10/21

    本日、ご依頼頂いたA様のお宅のエアコンは1〜2ヶ月前に某有名店に分解洗浄を断られたとの事でした。

    ご覧の通りエアコンの向かって左側が壁に接近しているため、一見して即座に分解不可能と判断、その場で作業を断られたそうです。

    確かに分からなくもない判断ですが、最近のPanasonicのエアコンは基盤が正面についています。必ずしも分解できないわけではなく、もう少しだけ手を尽くせば実は可能である事に気がついたのではないかと思われますが、この時はとにもかくにも断られてしまったとの事です。
    こういった経緯でエアコンレンジャーにご依頼をいただくケースが増えています。

    ここまで汚れが進み、排出しきれないホコリが中に溜まっていれば、やはり内部の洗浄が必要です。

    外装を外してみると、やはり基盤は正面にあり各配線は、ほぼそこに集中しています。

    基盤が横向きに付いてれば、もちろん配線の取り外し、あるいは復旧ができず、分解不可能となりますが、これは分解可能なケースです。

    通常より作業時間がかかるのは確かですが、一応は外装を外してみて、もし判断の通り、清掃ユニットの取り外しが不可能だったとしても、どこまでの事が可能か、お客様とご相談の上で判断する事くらいはできたのではないかと思われます。

    もし、これを全ての業者が時間がかかるのを嫌って敬遠していれば、お客様にとっては、壁から取り外して洗浄し、また取り付けという設備工事込みの高額な洗浄をするか、買い換えの二択しかなくなってしまいます。

    熱交換器はホコリとカビで目詰まり気味の状態です。

    吹き出し口には熱交換器で発生したカビの胞子が付着して、そのまま繁殖しています。

    お部屋の空気を循環させるエアコンがこういう状態ですと風邪ではないですが万病の元です。やはりご依頼を頂いた以上は出来る限りの事をさせて頂きたいものです。

    実際に洗浄していきます。

    ホコリ、カビ、キッチンからの油が汚水となって出てきました。

    洗浄後です。

    この状態を長く保つためにも、毎年、冷房シーズンが終わってから暖房に切り替わる少し前に定期的な洗浄を施す事をご提案しました。復旧も問題なく済み試運転の結果も良好でした。

    エアコンの汚れでお困りの場合はALPHAにご連絡ください。
    A様、この度はご依頼を頂き誠に有難う御座いました。

    【洗浄実績】10年以上経過したエアコンの洗浄

    【更新日】 2021/10/21

    本日は製造から10年以上経過した古いエアコンのお話です。

    10年以上経過したエアコンが故障した場合、メーカーにも部品の製造義務がなくなるため部品の在庫がなければ、そのエアコンは修理不可能になってしまいます。

    このため、洗浄を断っている業者もいるようです。

    リスクを考えると分からなくもないのですが必ずしも洗浄が不可能だというわけではありません。

    エアコンレンジャーの場合は、もしもの場合に修理や弁償といった対応が不可能である旨を充分にご理解頂いた上で、洗浄を承っておりますが、これまで古いエアコンに洗浄を実施したことが理由で故障したという例はありません。

    今回のエアコンは古い賃貸物件の20年近く経過したエアコンです。外装のプラスチック部品の破損が怖いという以外は、特に機械的な故障を心配せずに作業可能な機種です。


    長年の使用でアルミフィンの隙間や吹き出し口に汚れが溜まっています。

    こうした汚れを洗い流す事で、度々触れてきた空気環境の改善以外にも、風量や冷暖効率がかなり回復する場合があるので、むしろ洗浄は不可欠です。
    どうせ古いエアコンだからと言わずに毎年、暖房の季節の少し前に洗浄を実施しましょう。


    こちらが洗浄後の汚水です。カビ以外にも様々な汚れが浮いています。


    アルミフィンや吹き出し口もしっかりと洗い流してあります。

    ここまでやって、それでも冷えない、暖まらない、という事があれば、ガス漏れなどの症状を疑う必要がありますが、そうした判断の目安にする意味でも定期的な洗浄を実施することは非常に重要ですので覚えておいてください。

    エアコンの汚れでお困りの場合はALPHAにご連絡ください。

    【洗浄実績】業務用エアコンの水漏れ緊急対応

    【更新日】 2021/10/21

    塩釜市の店舗様のエアコンから発生した水漏れの対応で作業に伺っています。

    水漏れ箇所と症状をお店の方にヒアリングし、洗浄、修理を実施しました。

    天井埋め込み型のエアコンは洗浄可能な状態まで分解すると自動的に熱交換器が完全に剥き出しになるため、設置状態のままオーバーホールと同等の洗浄ができる事がメンテナンス上の利点です。

    外装、基盤ボックス、ドレンパン、送風ファンを取り外すと内部が完全に露出します。まずは内部をきれいにしてしまい、その後、不具合箇所を修理という順番で作業します。

    ドレンパンは冷房使用時は常時、熱交換器から落ちる結露の水滴を受け止め続けているため熱交換器の次にカビの繁殖が進む部品です。

    フィルターはホコリで完全に目詰まりしています。フィルターのホコリの乗り具合で使用頻度が、ある程度判断できます。

    最もカビの繁殖している熱交換器の様子です。均等にカビが繁殖しているので周囲の発泡スチロールに付着した斑点を見なければ汚れ具合が分かり辛いかも知れません。

    ですが洗ってみると、その差が分かります。

    この色の差が、そのままカビの発生量を表しています。弊社の場合はメーカー指定アルミフィン用洗剤を使用しています。強アルカリ性でありながらアルミフィンを傷めない成分で構成されている洗剤で、これを汚れに馴染ませて高圧洗浄をしています。実はこの工程が最も重要で洗剤を充分に馴染ませないと、どれほどの水圧で洗浄しても汚れは完全には落とせません。

    洗剤を充分に馴染ませれば画像のような汚水がバケツに2杯、3杯と溜まります。

    洗浄後の様子がコチラ。

    この後に不具合箇所を修理し、問題が無い事を確認してお客様にお渡ししました。

    エアコンクリーニングの
    ご予約・お問い合わせ

    ご予約はお電話またはWEB予約をご利用ください!
    お急ぎの方はお電話がおすすめです。

    Tel0223-22-0912

    電話受付 9:00〜18:00(土日・祝を除く)

    LINE予約 メール予約・お問い合わせ