【洗浄実績】他社で「分解不可能」と言われたエアコン

【更新日】 2021/10/21

本日、ご依頼頂いたA様のお宅のエアコンは1〜2ヶ月前に某有名店に分解洗浄を断られたとの事でした。

ご覧の通りエアコンの向かって左側が壁に接近しているため、一見して即座に分解不可能と判断、その場で作業を断られたそうです。

確かに分からなくもない判断ですが、最近のPanasonicのエアコンは基盤が正面についています。必ずしも分解できないわけではなく、もう少しだけ手を尽くせば実は可能である事に気がついたのではないかと思われますが、この時はとにもかくにも断られてしまったとの事です。
こういった経緯でエアコンレンジャーにご依頼をいただくケースが増えています。

ここまで汚れが進み、排出しきれないホコリが中に溜まっていれば、やはり内部の洗浄が必要です。

外装を外してみると、やはり基盤は正面にあり各配線は、ほぼそこに集中しています。

基盤が横向きに付いてれば、もちろん配線の取り外し、あるいは復旧ができず、分解不可能となりますが、これは分解可能なケースです。

通常より作業時間がかかるのは確かですが、一応は外装を外してみて、もし判断の通り、清掃ユニットの取り外しが不可能だったとしても、どこまでの事が可能か、お客様とご相談の上で判断する事くらいはできたのではないかと思われます。

もし、これを全ての業者が時間がかかるのを嫌って敬遠していれば、お客様にとっては、壁から取り外して洗浄し、また取り付けという設備工事込みの高額な洗浄をするか、買い換えの二択しかなくなってしまいます。

熱交換器はホコリとカビで目詰まり気味の状態です。

吹き出し口には熱交換器で発生したカビの胞子が付着して、そのまま繁殖しています。

お部屋の空気を循環させるエアコンがこういう状態ですと風邪ではないですが万病の元です。やはりご依頼を頂いた以上は出来る限りの事をさせて頂きたいものです。

実際に洗浄していきます。

ホコリ、カビ、キッチンからの油が汚水となって出てきました。

洗浄後です。

この状態を長く保つためにも、毎年、冷房シーズンが終わってから暖房に切り替わる少し前に定期的な洗浄を施す事をご提案しました。復旧も問題なく済み試運転の結果も良好でした。

エアコンの汚れでお困りの場合はALPHAにご連絡ください。
A様、この度はご依頼を頂き誠に有難う御座いました。

エアコンクリーニングの
ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話またはWEB予約をご利用ください!
お急ぎの方はお電話がおすすめです。

Tel0223-22-0912

電話受付 9:00〜18:00(土日・祝を除く)

LINE予約 メール予約・お問い合わせ